WordCamp Tokyo2014に参加しました!

Filemakerでの海洋生物データベースシステムは大体できてきたので
本格的にWordpressでの構築に入ろうかと思っています。
海洋生物データベースシステムをWebにするためには
カスタマイズが必要です。
テスト段階で作ったものはうまく行ったのですが
UIを考えるといまひとつ。
それと、HPのリニューアルした方が良さそうなので
そのヒントを何かをつかめたらと思い行ってきました。

初めに、Noel Tockさんの
「WordPressで作るビジネス(HappyTables.com)」

HappyTables.comは、WordPressを使用したレストランサイト作成サービスで
現在16万ページをホストしているそうです。
UIをknockoutで、WordPressのREST APIプラグイン使っているとのこと。
P1000842
実際どうやって使っているの? …
REST API…? WP API? JSON形式でKnockoutとデータの受け渡しをしているかも。
海洋生物データベースにも使えそうな…。

Noel Tockさんの話で驚いたのは、
最近よく見かけるトップページのカルーセルの話でした。
1番目以降のスライドをクリックする確立が1%以下という事実。
米ノートルダム大学でウェブ・コミュニケーションのディレクター Erik Runyonさんが
大学のサイトの統計データを解析したところ、
トップページのカルーセルが下の画像の酔うな結果だったそうです。
P1000827

確かに、検索してたどり着いた先のカルーセルは
ほとんどクリックせずにスクロールしてしまいます。
その割には面積が広すぎることは確か。

色々と情報を詰め込みたいのと
視線をひきたいという意図で
カルーセルをトップページに入れることが多いのかも知れないけれど
逆効果なのかも…。

使いやすく、楽しいデザイン…考えていかなければと思いました。

このほか、
Marko Heijnenさん
WordPressの多言語化プラットフォーム GlotPressの紹介

Joey Kudishさん
【基調講演】アプリケーションプラットフォームとしての WordPress

堀家 隆宏さん
AWS×WordPressでつくるこれからのプラットフォーム

田中 昌平さん
吉田 裕介さん
WordPressでここまでできる!事例から見るサイト制作テクニック

頭の中に情報をいっぱい詰め込んで帰ってきました。
今少しずつ取り出して調べているところです。

REST APIと JSON形式でjavascriptでのINOUT?あたりから…。

広告

WordCamp Tokyo2014に参加しました!” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中