zoteroとMendeleyで発表論文を管理する

こんにちは、marineastyです。

筑波大学下田臨海実験センター
マリンバイオ共同推進機構(JAMBIO)
発表論文を掲載しているページを更新するために
ここのところ色々な方法を試行錯誤していました。

まず、掲載順を発表年月の降順にしたかったので
CSV形式のファイルにしてからExcelで並べ替え
それからHTMLにしようと思っていました。
そんな手間のかかることをしているのをみて
先生にzoteroとMendeleyという文献管理ソフトを教えていただきました。

Zotero
Zotero
Mendeley
Mendeley

2つともそれぞれ長所、短所があり、とりあえず併用して使っています。
タイトルや著者、DOI,PMIDなどでネットで検索して
ページが存在すればそこから内容をとりだして登録してくれます。
また、Citation Style(引用スタイル)も多数用意されているので
適切な書誌情報を自動的に生成してくれます。
ユーザー登録するとWEB上でこのソフトがつかえます。

ローカル環境で使用できるソフトも用意されていてWEBとも同期できます。

ローカル環境で使える Zotero 4.0 for Mac
ローカル環境で使える
Zotero 4.0 for Mac
MendeleyDesktopのダウンロードページへTOPヘージの下の方…ここから
Mendeley DesktopのダウンロードページへTOPヘージの下の方…ここから
ローカル環境で使えるMendeley_Desktop
ローカル環境で使えるMendeley_Desktop

とりあえず、Mendeley Desutopで登録することにしました。
まず、Web Importerをブックマークバーに入れておきます。

Web Importerをブックマークバーに入れておくと便利!
Web Importerをブックマークバーに入れておくと便利!

掲載を依頼された論文をタイトルやDOIなどで検索、
見つかったらブックマークバーにいれた
Web Importer(Save to MendeleyもしくはMendeleyに保存)を
クリックすると内容が取り込まれるので後は保存するだけ。
サイトによっては変な取り込み方をしたり取り込まれなかったりもありますが
修正もできるので問題なしです。

さて、ここからが大変でした!
発表年月の降順に並べたいので…調べて見ると
Citation Style(引用スタイル)で指定しなければならないことが判明。
Citation StyleはXMLに基づくオープンフォーマット。
書き換える方法としては、テキストエディタで編集する方法と
http://editor.citationstyles.org/からvisualEditorで編集する方法があるので
比較的簡単にできそうなvisualEditorでCitation Styleを作ることにしました。
visualEditorの使い方は次の記事で
忘れない様に書きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中