蛋白質同定システムのサーバがブルースクリーンに!

こんにちは、marineastyです。
夏期休暇に入る前、発生したトラブルについて書いておこうと思います。

蛋白質同定システムのサーバ(Windows XP)がブルースクリーンで
起動できないとの連絡があったので調査することに。

現象はWindowsXPの起動画面が表示されて

WidowsXPの起動時のロゴ画面
WidowsXPの起動時のロゴ画面

数秒後、ブルースクリーンで止まってしまいます。

ブルースクリーンで起動できず…
ブルースクリーンで起動できず…

ブルースクリーンになる場合というのは、
大きく分けると下記の3つがおこっているそうです。

  1. データの損失を伴わずに回復ができないエラーがある場合
  2. 重大なOSデータが破損している場合
  3. 回復不可能な状態でハードウェアに障害が発生した場合

これはWindowsが検知するエラーなのだそうです。
ということでXPのロゴマークが表示されたわけです。

セーフモードで起動を試みましたが、ブルースクリーン。
こうなるとハードウエアの故障の可能性が濃厚です。

このサーバはDELL製のPC取り扱い説明書を見ると
Diagnosticsという診断プログラムが入っているというので試してみることに。

DELL™ のロゴが表示されたら、すぐに を押すと
Boot Device menu が表示されます。
その中からDiagnosticsを起動します。

boot_Diagnostics選択

しばらくすると、エラーメッセージが!

どうやらHDDに問題が
どうやらHDDに問題が

メモリには異常はなかったのですが
どうやらHDDの故障のようです。
エラーコードは 2000-0142

Dellサポートホームページの
『DellコンピュータのPSA Diag(オンボードDiag)およびエラーコード』
エラーコードが調べられます。

このPCのDiagnosticsプログラムは
「Pre-Boot System Assessment」バージョン。

エラーコードの意味は

PSA+ 2000-0142
ドライブのセルフテストでエラーが検出された。ステータスバイト=XXh。

対処方法のリンクを見ると
保証期間内ならテクニカルサポートへ連絡
保証期間が切れている場合はHDDを購入してくださいと。

運の悪いことに2ヶ月前に切れてしまっていました。
…という訳で、HDDを購入。

故障したHDDを先生が持っていたハードディスクケースに入れて
データを確認したところ、フォルダにアクセスできるのでとり出せそうです。

完全にクラッシュしていなくて何よりでした。
復旧作業は続いているようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中