カスタム分類(タクソノミー)のテーブル構成を理解できたのでデータ入れてみました

こんにちは、marineastyです。
カスタム投稿タイプで海洋生物データベースをつくるのですが、
カスタム分類(タクソノミー)に分類体系と生息環境を作って
検索、表示させようと思っています。

WordPressのデータベース構成をみると

WordPressのデータベース構成
WordPressのデータベース構成

カスタム分類(タクソノミー)のデータを管理しているのは

タクソノミー関連のテーブル構成
タクソノミー関連のテーブル構成

この3テーブル。
wp_terms
wp_term_relationships
wp_term_taxonomy

wp_term_relationshipsは、wp_postsの各投稿記事と、wp_links内の各リンクと
wp_term_taxonomy を関連づけをしているテーブルなので
後でデータを入れればよさそう。

分類体系と生息環境のデータを入力するのは
数が多いのでとりあえずCSVでテストデータを入れてみました。
1つ2つ入力して、phpMyAdminでwp_termsとwp_term_taxonomyの
データをエクスポート。
これをもとにして、データをFileMakerから持ってきて入れたらできました。

分類体系
分類体系のタクソノミー

こんな感じです!

プラグインのCategory Order and Taxonomy Terms Order
入れておくと便利です。
順番をドラッグアンドドロップで簡単にかえられます。

taxonomy order
taxonomy order

さて、あとは詳細ページレイアウトをデザインをもう少し考えます。
画像を複数表示させたいな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中