カスタム投稿の記事をターム単位で一覧表示する、ヒントはパーマリンクに?!

グローバル変数に抽出条件を保存することばかり考えていましたが
その方法ではがっつりコーディングしなければならないし
コーディングが増えるとあらぬところで変な動きをしてしまうリスクも増えるし…

…と、よくよく表示された画面を眺めてみると
パーマリンクに抽出条件が!
しかもダッシュボードの設定にパーマリンク設定がありました。
でも、ここではカスタム投稿のタクソノミーやタームIDなどを設定できない。

毎日、穴があくほどみている『テンプレート階層図』を見直してみる。

固定ページにタクソノミー名指定のwp_list_categories でメニューを表示。
生成されたパーマリンクは、タームごとに表示させようとしていることに気づきました。

このとき生成されたリンクで呼び出されているのが
カスタムタクソノミー アーカイブのルートにある『taxsonomy.php』。
試しに素直にTewnty eleven の archive.phpのソースを入れてみると
1記事だけの表示。
ページナビは問題なく動いて該当するデータが表示されました。
…ということは
$postsの中には同一タームのデータが配列で入っていたのでした。
WP_Query get_posts したりしなくても良かったのね。

でも、アーカイブのルートは日付でソートされるようなので
タイトル順にソートしなおしたい。
まだまだ勉強不足…
これでうまく行きそう気はしますが
やってみないとなんとも…
とりあえず並び替えてみたいと思います。

長い道のりではありましたが、
この方法でカスタム投稿の記事をターム単位を表示させようと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中